HOME>注目記事>仕組みや費用、評判などを知って有効に活用しよう

仕組みについて

男女

医学部予備校の仕組みはどうなっているかというと、基本的に個別指導や少人数制が多い傾向です。大手予備校だと一人の講師が多数の生徒を教えるシステムが多いですが、医学部予備校は講師一人に対して教える生徒が少ないので、きめ細かい指導を行うことができます。さらに講師達は医学部受験を行う生徒のみを指導しているので、受験で問われるポイントなどを熟知しています。医学部予備校の基本的な授業時間は、80分の授業を5コマ行うことが多いです。さらに必要に応じて補習授業を行ったり、自習の時間もしっかり管理しているケースもあります。このように医学部予備校では、勉強だけに集中できる仕組みが整えられています。

費用について

医学部予備校の費用はどれくらいかかるかというと、まず入学金が10万~30万円ほどかかります。大手予備校でも10万円程度かかるので、入学金に関してはそんなに差はないといえます。しかし年間授業料には大きな差があります。大手予備校の年間授業料が50万~150万円であるのに対して、医学部予備校の年間授業料は200万円~500万円ほどかかります。このように授業料が高い医学部予備校ですが、圧倒的に授業時間が多く、きめ細かい指導を行ってくれるのでおすすめです。

評判について

医学部予備校の評判はどのようなものがあるかというと、「親身になって指導してくれる」「質問しやすく学習しやすい環境だった」などの口コミが挙げられています。他にも「少人数制だったので、講師が一人一人の生徒に対してしっかりと指導をしていた」「先生と生徒の距離が近く熱心に指導してもらった」などの口コミもあり、利用者の評価がとても高いといえます。このように医学部予備校は口コミなどの評判がいいので、安心して利用することができます。

広告募集中